20:56 2020年11月30日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

エテリ・トゥトベリーゼ氏は形式的にフィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤ選手のコーチとなるが、しかし、同選手のコーチには同じく五輪で2度金メダリストとなったエフゲニー・プルシェンコ氏も承認される。ロシアのスポーツ省がこうした決定を下した。

この決定の背景には、ナショナルチームのリストが昨シーズンの結果にもとづき作成されていることがある。そのためエテリ氏は引き続きコストルナヤ選手のコーチとして承認されることとなった。また、5月にトゥトベリーゼチームからプルシェンコ氏のアカデミーに移ったセルゲイ・ロザノフ氏が同選手の3人目のコーチとなる。

この間、コストルナヤ選手は形式的にはトゥトベリーゼ氏が指導する「サンボ70」を代表することが報じられている。同選手がプルシェンコ氏のアカデミーに移ることは移籍市場の枠外であるだけに、形式上は公式なものとならなかった。

アリョーナ・コストルナヤ選手は2020年の欧州チャンピオンをはじめ、2019年グランプリファイナル優勝、2020年のロシア選手権で銀メダル、2018年と2019年には2度銅メダル獲得という輝かしい成績を残している。

2020年、昨シーズンの覇者アリョーナ・コストルナヤ選手と欧州選手権銅メダリストのアレクサンドラ・トゥルソワ選手という、ロシアを代表する2人の選手がトゥトベリーゼコーチのもとからプルシェンコ氏へ移籍を行った。トゥトベリーゼチームは、選手らの勧誘でプルシェンコ氏を非難し、アリーナ・ザギトワ選手とプルシェンコ氏の妻ヤナ・ルドコフスカヤ氏の間のやり取りを公表した。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニー・プルシェンコ, アリョーナ・コストルナヤ, エテリ・トゥトベリーゼ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント