09:49 2020年11月25日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

エテリ・トゥトベリーゼチームの振付師で、エフゲニア・メドベージェワ選手のコーチの1人であるダニイル・グレイヘンガウス氏が、今年同選手が大会に出場できるかどうかについてコメントした。

今シーズンを前に万全なパフォーマンスを見せることができなかったテスト演技の後、ロシアのフィギュアスケーターのエフゲニア・メドベージェワ選手は、ブライアン・オーサー氏のチームからかつてのコーチであるエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとへ戻り、コーチを変更することを決めた。すぐにトゥトベリーゼコーチが、彼女の体調が復調し入賞できるかどうかについてなにも約束できないとコメントしたが、メドベージェワ選手はシーズンで成功を収めるチャンスが高かった。しかし、背中の古傷から同選手はロシア選手権の第2戦を欠場し、入院を余儀なくされた

サイト「sports.ru」のインタビューでダニイル・グレイヘンガウス氏は、「彼女はいまでも背中の完治に向け治療を続けている。最後に会った時に彼女は良くなってきていると話していたけど、でも彼女はケガをとても気にしている」と語った。

グレイヘンガウス氏は、彼のチームで活発にトレーニングしていた時期には、メドベージェワ選手は体調を整えることに成功し、良いシーズンを迎える用意ができていたと強調した。同コーチは、「体調が良く、背中の痛みもないと彼女が言えるようになったら、すぐに僕たちは次の大会に向けた準備を開始するよ」とコメントした。

それでもグレイヘンガウス氏は、11月20日から22日にモスクワで予定されるロシアグランプリの開始までに、メドベージェワ選手が復帰することは難しいとの考えを示した。同氏によれば、彼女が出場できる可能性がある大会は、早くてもモスクワで12月5日から8日に開催されるロシアカップ第5戦ではないかという。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント