23:50 2020年11月30日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュア世界選手権2冠、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手はグランプリシリーズ(GP)モスクワ大会「ロステレコム杯2020」への出場を背中の怪我を理由に断念した。ロシア・フィギュアスケート連盟のアレクサンドル・ゴルシュコフ会長が明らかにした。

ゴルシュコフ会長の話では、メドベージェワは背中の怪我を理由にこれまでロシア杯の2つの大会を欠場していたものの、未だに治療が続いているため、GPモスクワ大会の出場も断念することが決まった。

先日、トゥトベリーゼ・チームの振付師のダニイル・グレイヘンガウス氏はメドベージェワの背中はまだ痛みが続いているものの、メドベージェワ自身がもう大丈夫と言い次第、すぐに次の大会出場に向けた準備を再開すると語っていた。

9月、メドベージェワはカナダで師事していたブライアン・オーサー氏の元を離れ、再びモスクワのエテリ・トゥトベリーゼ氏のチームへと戻ったばかり。メドベージェワは2007年から2018年までトゥトベリーゼ氏の元でトレーニングを積んでいた。

関連ニュース

フィギュアスケートロシア杯のスケジュール
© 写真 : Kristina Savitskaya
フィギュアスケートロシア杯のスケジュール

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
ロシア, スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント