06:36 2021年01月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケートGPシリーズ大阪大会の男子シングルで17歳の鍵山優真選手が初優勝を飾った。合計獲得ポイントは275.87で、2位に50ポイント近い差をつけた。鍵山選手は今年1月のユース五輪で金メダルを獲得している。

同選手はショートプログラムを1位通過したものの、「慎重になりすぎた」と反省。フリーでは冒頭の4回転サルコー、続く4回転-3回転の連続トウループなど、3本の4回転を成功させたことで高く評価され188.61ポイントを獲得。本人は思い切りよくやることを心がけたことなど、自身の演技を振り返った。

今後の目標として鍵山選手は五輪を挙あげ、次もノーミスで演技できるよう練習に励みたいなどと意気込みを語った。

関連ニュース

フィギュアスケートロシア杯のスケジュール
© 写真 : Kristina Savitskaya
フィギュアスケートロシア杯のスケジュール

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
日本, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント