10:48 2021年04月11日
フィギュア特集
短縮 URL
0 14
でフォローする

フィギュアスケートで2度金メダルを獲得したスペインのハビエル・フェルナンデス氏が自身のフィギュアスケートアカデミーを立ち上げた。

同氏は、マスタークラスおよび全国のジュニアスポーツ選手のためのトレーニングの運営を行うことでスペイン・アイススポーツ連盟と合意に至ったことを明らかにした。

初となるマスタークラスは12月6日にマドリッドでオープンし、別のクラスの日程に関してまだ明らかではないが、「バルセロナ」で予定されている。

フェルナンデス氏は、「素晴らしいニュースだ! 私たちはスペイン・アイススポーツ連盟との署名合意に至った。私たちは毎日マスタークラスやトレーニングを通じてスペインフィギュアスケートを発展させることになる」とコメントした。

29歳のフェルナンデス氏は世界王者に2回、欧州チャンピオンに7回、また2018年の平昌五輪では銅メダルを獲得している。2019年にプロ選手としての引退を宣言した。

この間、フェルナンデス氏はエフゲニー・プルシェンコ氏のアカデミーのトレーニングを視察している

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント