07:01 2021年01月27日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケートのロシア選手権で男子シングルに出場していたミハイル・コリヤダ選手が自身のキャリアで3度目のロシア王者に輝いた。同選手はフリープログラムで193.67ポイントを獲得し、2つの演技の合計得点が296.13ポイントとなった。

フリーで167.07ポイントを獲得したマカール・イグナトフ選手が2位となった。同選手の合計得点は265.37ポイントだった。

© Sputnik / Maxim Bogodvid
マカール・イグナトフ選手

第3位にはマーク・コンドラチュク選手が入った。得点はフリーが169.43ポイント、合計得点は260.31ポイントだった。

© Sputnik / Maxim Bogodvid
マーク・コンドラチュク選手

ペアスケート

アイスダンスで優勝を飾ったのはアレクサンドラ・ステパノワ選手とイワン・ブキン選手のペア。

© Sputnik / Maxim Bogodvid
アレクサンドラ・ステパノワ選手とイワン・ブキン選手

第2位はティファニー・ザゴールスキ選手とジョナサン・グレイロ選手、第3位はアナスタシヤ・スコプツォワ選手とキリル・アリョーシン選手らがそれぞれ勝ち取った。


今回のロシア選手権はさまざまな理由で欠場者が出ている。女性シングルではアリョーナ・コストルナヤ選手エフゲニア・メドベージェワ選手、男子シングルではドミトリー・アリエフ選手、またアイスダンスではヴィクトリヤ・シニツィナ選手とニキータ・カツァラポフ選手のペアなどが出場を見送った。

関連記事

続々感染のロシア・フィギュア界 世界最強の代表団はコロナに勝てるか?


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント