01:23 2021年03月09日
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

国際スケート連盟(ISU)は3月にストックホルムで開幕のフィギュアスケート世界選手権の賞金配分 スキームを発表した。

男女シングルの金メダリストの賞金額はそれぞれ6万4000ドル(約670万円)、銀メダルは4万7000ドル(約492万円)、銅メダルは3万3000ドル(約345万円)。ペア、アイスダンスは金が9万ドル(約9942万円)、銀が6万5000ドル(約680万円)、銅が4万5000ドル(約470万円)で、賞金総額は86万8000ドル(9086万円)。

同日1月30日、ISUは世界選手権を期日、開催地を変更せずに3月22日~28日ストックホルムで決行すると宣言している。

1年前は、COVID-19の感染の脅威が高まったため、ISUはモントリオールでの世界選手権の開催を断念していた。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント