17:06 2021年04月21日
フィギュア特集
短縮 URL
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
0 10
でフォローする

世界選手権女子SPでロシアのアレクサンドラ・トルソワ(16)が64.82点を獲得し、暫定8位となった。1か所のミスが大きく得点を下げた。

ミスが出たのはトリプルルッツ。あわや転倒となる前に手をつき、姿勢を持ちこたえた。この部分は今朝、トリプルアクセルと入れ替えた箇所。コーチのエフゲニー・プルシェンコ氏はこの瞬間、がっかりした表情を隠すことができなかった。

SPを終えたトルソワはSPでは動揺を抑えることができなかったと語っている。

「動揺を抑えることができなかったんだと思います。ここ最近、動揺が激しくて。どうしてなのか、その理由はまだわかりません。考えます。ミスなく滑れるようにがんばります。」

ジュニア世界選手権2冠のトルソワは昨2020年5月、トゥトベリーゼ・コーチの元を離れ、五輪チャンピオンのエフゲニー・プルシェンコ氏のチームへと移った。今シーズンはロシア杯で2度の金を獲得している。

世界フィギュアスケート選手権はストックホルムで3月24日から27日まで開催される。同大会で2022年冬季五輪の出場枠が決まる。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
タグ
アレクサンドラ・トルソワ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント