16:07 2021年04月15日
フィギュア特集
短縮 URL
筆者 :
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
0 51
でフォローする

ストックホルムのフィギュア世界選手権は初日から喧々諤々の大論争を巻き起こしている。女子ショートプログラム(SP)ではロシアのアンナ・シェルバコワ(16)がトリプルアクセルを跳んだ日本の紀平梨花、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワを押しのけて首位。この採点に紀平ファンたちはいきり立った。紀平ファンの多くは首位を占める高得点がとれたはずだと信じ切っている。スプートニクは様々な国のフィギュア・ファンたちがどんな反応を示しているかを検証した。

技術が芸術性に負けた?

初日のSPの結果は1位がアンナ・シェルバコワ(ロシア)の81.00点、2位が日本の紀平梨花で79.08点、3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が78.86点となった。

普段は自国の選手を応援するロシア人フィギュア・ファンの中でさえ、トリプルアクセルというウルトラCの技を一点のミスなく跳んだ2人のスコアが、ダブルアクセルしかプログラムに入れていない選手以下だったという結果に、憤りを隠せない人が続出した。

ロシアのスポーツ紙 sports.ru.のサイトに載せられた、あるユーザーのコメントをご紹介しよう。

「どういうこと? リカ(紀平)は技の組み合わせ、プログラム・コンポーネンツ(演技構成)、プログラムの質では群を抜いているじゃない。アンナ(シェルバコワ)より持ち技の数は上よ。コンポーネンツだって。プログラムなんかすごかったじゃない。でも、首位じゃないんだから…。ていうことはさぁ、個々の要素は全体として上なんだけど、スコアだと違うってこと? どうしてこうなるのよ!?」

このコメントに多くが賛同。がらりと趣向を変えた新プログラムがいかに紀平選手にぴったりか、口々に書いている。

「なんでISUはこうも日本人を忌み嫌うのか? ISUに金をやってるのは日本人じゃないか!」

「出場した中で最高のプログラム。普通はさ、最良のうちの1つという言い方するけど、今日は違うよ。これが最高。そしてリカ(紀平)にぴったりだよ。」

トゥクタミシェワが可哀そうだと嘆く人もいる。トリプルアクセルを跳んだのに、それより難易度の低いエレメンツで同国人に負けるなんて、というわけだ。

「フリップとあんな手抜き連続ジャンプで80点以上もとれちゃうなら、どうしてトリプルアクセルなんか習得する必要あるのよ。『フルスタリヌィ』(トゥトベリーゼ・チームのホームリンク)ブラボー!というわけね。リーザ(トゥクタミシェワ)は今日は抑えこまれたのよ。首位になっておかしくないもの。リカは回り切れてなかったし…。」

米国人も炎上

米国人ジャーナリスト、フィリップ・ヘルシュ氏も審査団の評価に首をかしげている。「キヒラを3位にするなんて、あの4人の審査員(そのうち3人がポストソビエト諸国出身というのはただの偶然か?)はおかしいんじゃないか? リカがシェルバコワの下で2位で、でもトゥクタミシェワよりは上なんてさ、言い訳たつか?(それか、ディベートのなんらかの根拠はあるか?)一切ないよ。」

​こんな憤慨はReddit上にもあふれ出た。紀平選手の演技の後、スコアが出た場面へのコメントをご紹介しよう。

「つまりさ、リカはトリプルアクセルを見事に跳べるけど、跳んでもよりロシア女子の1人よりはスコアは低くなるってことを知ったわけだ。どうしてこうなるのさ。」

「彼女(紀平)はロシアのパスポートを取得して、エテリの元でトレーニングを始めないとなぁ。SPで足を13回もじたばたさせて(編集注:シェルバコワが足を何度も上げる様子を皮肉)、名前をイリーナ・キヒーラワに変えてさ。そしたら勝利のチャンスもあるよ。」

「エテリの2A(編集注:ダブルアクセル)>誰かさんの3A(トリプルアクセル)って、ジョークだろ??」

「リカは、得点盗まれたね。つまりそういうことさ。彼女は盗まれたんだ。ISUを燃やしてやりたいよ。演技構成から腹立たしいえこひいきに至るまで、すべてが不公平だ。あの点数は不公平だった。ISUは採点システムに本当の改革を起こさなければいけないよ。」と書いたのはIntermediate Skateさん。この意見に多数が賛同している。

「ロシア人ファンとして、上記の意見に完全に賛成だね。誰がなんのためにこんなことをしてるのか、理解できない(SPで2位だってアンナやエテリ(トゥトベリーゼ氏)がものすごく困るっていうことは絶対ないはず)。こんなことは誰のためにもならない。」と書いているのはAentarieさん。

ツィッターでも多くのユーザーが評価が不公平だと騒いでいる。

「日本人には記載どおりにスコアがつけられるのに、他の選手には想像力で点がつけられる。この現実にもううんざりした。」

​「エテリのところの女子はそれほどの値打ちもないのにメダルをもらうのに。リカは小さな世界の金メダリストだ。」

​「すごく残念。リカはこのSPは1位以外は絶対、なんとしてもありえないはずだよ! アーニャ(シェルバコワ)は好きだし、素晴らしいと思うけどさ、今日のリカは絶頂だったじゃないか」

​リタなの? それともリカ??

もうひとつ、ファンが注意を向けた嫌なことがある。ISUの出した記載に紀平さんの名前が正しく表記されていなかったのだ。これがまたまたファンの怒りをかってしまった。シェルバコワとかトゥクタミシェワとか、ロシア人の複雑な苗字は正しく書けて、紀平さんの名前の文字を間違えるとは何事か!

「シェルバコワとトゥクタミシェワは間違えずに言えるのに、あの人らはRIKAは発音できないんだね。これって彼女らのスコアがどのように決められたかを物語っていないかい?」

誰が1番だったかをめぐるファンらの、はたまた専門家らの口角泡を飛ばす論議も永遠に続きそうだが、世界選手権にはちゃんと決まった期日がある。3月26日、女子のフリースケーティング(FS)の日に、いよいよ私たちは今季2021年の女子チャンピオンが誰なのかを知るはずだ。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。
トピック
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
タグ
日本, スポーツ, フィギュアスケート, 紀平梨花
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント