18:33 2021年04月11日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

ソ連功労コーチのタチアナ・タラソワ氏は、ロシアのフィギュアスケーターであるアレクサンドラ・トルソワ選手(16)が、古巣のエテリ・トゥトベリーゼ一門に復帰する可能性について語っている。ロシアのスポーツニュースサイト「Championship.com」が、タラソワ氏の言葉を引用して報じた。

タラソワ氏は、トルソワがトゥトベリーゼ一門を離れてプルシェンコ氏の元に移籍したのだから、復帰する可能性は十分にあるとみている。また、これはトルソワのためになるかもしれないという。同氏は、「トルソワの考えが最も重要だ。彼女に対して怒る必要はない。トルソワは子どもであり、本当の自分を探しているのだから」と締めくくった。

モスクワのスポーツセンター「サンボ70」のレナート・ライシェフ所長は1日、トルソワがトゥトベリーゼ氏の元で再びトレーニングしたいと考えていると語った。一方、プルシェンコ・アカデミーは、この情報は事実と一致していないと述べている。


トルソワは、今シーズンが始まる前からプルシェンコ氏とともにトレーニングを開始した。同氏の指導の下、トルソワは先日行われた世界選手権では銅メダルを獲得したが、金メダル争いではトゥトベリーゼ氏の門下生であるアンナ・シェルバコワ選手(17)に敗れた。

このトピックに関する最新記事はこちらでお読みできます。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, タチアナ・タラソワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント