02:09 2021年09月22日
フィギュア特集
短縮 URL
2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦 (13)
0 70
でフォローする

2021年のフィギュアスケート世界選手権で銀メダリストのエリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手(24)が、日本で4月に開催される国別対抗戦のロシア代表のキャプテンを務めることになった。国際スケート連盟(ISU)のウェブサイトで発表された。

トゥクタミシェワは、先日ストックホルムで開催された世界選手権で銀メダルを獲得。同選手は、もうすぐ開催予定の国別対抗戦の他にも、2022年の北京五輪への出場を計画している。

国別対抗戦は、4月15日から18日まで大阪で開催される。ロシアからは女子シングルのトゥクタミシェワとアンナ・シェルバコワ選手(17)、アイスダンスのヴィクトリア・シニツィナ/ニキータ・カツァラポフ組、ペアのアナスタシア・ミーシナ/アレクサンドル・ガリャモフ組、男子シングルのミハイル・コリヤダ選手(26)、エフゲニー・セメネンコ選手(17)が出場する。

また、カナダ代表のキャプテンはナム・グエン選手(22)、フランス代表はケヴィン・エイモズ選手(23)、イタリア代表はマッテオ・グアリーゼ選手(32)、日本代表は紀平梨花選手(18)、米代表はジェイソン・ブラウン選手(26)が務める。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦 (13)
タグ
フィギュアスケート, エリザベータ・トゥクタミシェワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント