11:47 2021年07月24日
フィギュア特集
短縮 URL
0 40
でフォローする

大坂で行われているフィギュアスケート国別対抗戦。最終日の今日、最終種目の女子シングルでロシアが優勝を決めた。女子シングルの最終結果はアンナ・シェルバコワ選手(17)が優勝。エリザヴェータ・トゥクタミシェワ選手(24)は3位。日本の坂本花織選手(21)は堂々の演技で2位だった。

今日のフリーの得点はシェルバコワ選手が160.58点。坂本選手は150.29点だった。ロシアチーム主将のトゥクタミシェワ選手は146.23点。出場選手は全員、小さなミスはあったものの素晴らしい演技を披露した。

総合順位でロシアは125ポイントを獲得し、米国を15ポイント上回った。日本は107ポイントで3位だった。

今日すでにフリー演技を終えたペアでは、ロシアのアナスタシア・ミーシナ/アレクサンドル・ガリャモフ組が1位。チームの優勝を牽引した。

過去、ロシアは国別対抗戦での総合優勝の経験はなく、今回が初優勝となった。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
エリザベータ・トゥクタミシェワ, 坂本 花織, アンナ・シェルバコワ, ロシア, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント