04:28 2021年07月31日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

全米チャンピオンに2度輝いたフィギュアスケートのアリサ・リュウ選手(15)が期待と共に大舞台への復帰を準備していることを明らかにした。同選手は、昨シーズンは完全な失速で終わっている。

カリフォルニア出身の彼女は、完成度は低いが、すでに今日、4回転ルッツとトリプルアクセルのジャンプを披露している。アリサ選手は、1つのプログラムの中で4回転ルッツとトリプルアクセルのジャンプを成功させた史上初のフィギュアスケーターとなったことは記憶に新しい。この記録は2019年にレイク・プラシッドで開催された国際スケート連盟(ISU)のジュニアグランプリ大会での演技で達成された。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Фигурное катание ⛸️ (@figureskating_sportsru)

2020年の秋には、多くの専門家らは、彼女が目立って身長が伸び体重が増えたことから、アリサ選手が成長期に対応できないと主張していた。しかし、五輪シーズン直前に彼女は素晴らしい状態にあった。

アリサ選手は13歳で全国大会優勝を果たし、全米選手権シニア部門での最年少チャンピオンとなった。

2021年全米選手権でリュウ選手は4位となった。

関連ニュース

タグ
フィギュアスケート, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント