06:51 2021年09月23日
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

2021年世界選手権王者のアンナ・シェルバコワは露チェリャビンスク市で行われたロシア代表チームのテストスケートでフリースケーティングの新しいプログラム「巨匠とマルガリータ」を披露した。

シェルバコワは4回転ジャンプを習得しているものの、今回の演技では披露しなかった。

​テストスケートの演技を終え、シェルバコワは記者団に対しこのように答えた。

これはまだテストで、本格的な大会ではありません。コーチ曰く、これは試作。テストスケートは大会に向けて自分を整えるためのモチベーション作りで、観客を前に悪い演技は見せたくなかった。早く体を仕上げたい。前進したい。

また、新しいプログラムの内容についてはこのようにコメントした。

このプログラムには大きなポテンシャルがある……これは巨匠とマルガリータの物語で、ヴァンパイアの舞踏会のシーンがとても気に入っている。感情やイメージの転換を見せる必要があると思っている。善がそこでは勝利するとダニイル・マルコビチ(振付師)は言っている。アイデアがとても気に入っていて、私が感じる通りに表現したいと思っている。

ロシアのチェリャビンスクで12日に行われたフィギュアスケート・ロシア代表チームのテストスケート最終日の女子フリーで、アレクサンドラ・トゥルソワは4回転ジャンプを5本成功させた。女子選手としては世界初。

関連ニュース

タグ
ロシア, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント