02:28 2021年10月19日
フィギュア特集
短縮 URL
0 20
でフォローする

カザフスタンのフィギュアスケーター、エリザベート・トゥルシンバエワ選手(21)が現役引退を表明した。

20日、同選手は自身のインスタグラムでキャリアを閉じることを明らかにした。彼女は、引退を決めたのは背中に問題を抱えており、それが完璧なトレーニングの障害となっているとコメントした。また、エリザベート選手は、現在、カザフスタンに滞在しており、ここで年末練習に励むとも述べた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Elizabet Tursynbaeva (@elizabetkz)

両親やコーチ、事務局、そしてファンへの感謝を述べた後、トゥルシンバエワ選手は、「私はいつも自分の国でフィギュアスケートを普及したいと思っていました。そして、とうとうそのチャンスが私にめぐってきました」と強調した。

  • 四大陸フィギュアスケート選手権の表彰台に立つエリザベート・トゥルシンバエワ選手と紀平梨花選手、三原舞依選手
    四大陸フィギュアスケート選手権の表彰台に立つエリザベート・トゥルシンバエワ選手と紀平梨花選手、三原舞依選手
    © AP Photo / Chris Carlson
  • フィギュアスケート世界選手権(埼玉)に出場したエリザベート・トゥルシンバエワ選手とアリーナ・ザギトワ選手、エフゲニア・メドベージェワ選手
    フィギュアスケート世界選手権(埼玉)に出場したエリザベート・トゥルシンバエワ選手とアリーナ・ザギトワ選手、エフゲニア・メドベージェワ選手
    © Sputnik / Alexander Vilf
1 / 2
© AP Photo / Chris Carlson
四大陸フィギュアスケート選手権の表彰台に立つエリザベート・トゥルシンバエワ選手と紀平梨花選手、三原舞依選手

彼女がフィギュアスケートを始めたのは5歳の時。その後、12歳の時にエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとでトレーニングすることになった。同コーチの指導のもと、彼女は自身にとって歴史的な演技を2019年の世界選手権で披露している。この大会でエリザベート・トゥルシンバエワ選手は、アリーナ・ザギトワ選手やエフゲニア・メドベージェワ選手と表彰台で肩を並べている。そのときの演技は彼女にとって歴史的であるだけなく、彼女の母国・カザフスタンにとっても、フィギュアスケートの世界においても貴重なものとなった。女子シングルスケートでメダルを獲得するのは同国にとっても初めてであった。そして、まさにトゥルシンバエワ選手が、シニア大会で4回転ジャンプを成功させた初のフィギュアスケート選手となった。彼女の成功以前にも日本の安藤美姫選手やロシアのアレクサンドラ・トゥルソワ選手も成功しているが、彼女たちがこのジャンプを披露したのはジュニアの大会だった。

また、トゥルシンバエワ選手は、2019年四大陸選手権、2019年夏季ユニバーシアードで銀メダル、2016年ユース五輪でも銅メダルを獲得している。


関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, カザフスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント