14:30 2018年09月23日
A320機の副操縦士、意識的に墜落を起こした可能性

A320機の副操縦士、意識的に墜落を起こした可能性

© 写真: Flightradar24
災害・事故・事件
短縮 URL
A320機の墜落事故 (28)
0 18

墜落したA320搭乗の副操縦士アンドレアス・ギュンター・ルビツ(Andreas Guenter Lubitz)(28)の行動は同機の破壊を画策していたと受け取れる。マルセイユのブリス・ロベン検事はこうした声明を表した。

ロベン検事によれば、飛行開始後の20分はパイロット同士の会話はいたって普通だった。ところが機長がおそろくトイレに行こうとキャビンを出た後、副操縦士はドアを閉めきり、意識的に高度を下げ始めた。

機長は操縦室に戻ろうとしたが、ドアを開けることは出来なかった。音声録音では、機長がドアを壊そうとし、ディスパッチャーを呼び出し、起こりうる衝突を知らせる警告システムの音が残されている。

副操縦士はこの間、一切無言で、墜落の瞬間まで平常な呼吸音が録音されている。

トピック
A320機の墜落事故 (28)

関連:

エアバスA320型機のパイロット 操縦室から出る
タグ
事故, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント