01:29 2017年03月31日
東京+ 12°C
モスクワ-1°C
    アンドレアス・ルビッツ副操縦士

    A320型機墜落副操縦士の自宅で 診断書が見つかる

    © REUTERS/ Foto-Team-Mueller
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    A320機の墜落事故 (28)
    0 148136

    フランス南部に墜落したドイツの航空会社ジャーマンウイングスのエアバスA320型機の副操縦士は、墜落当日、病気休暇をとらなければならない状態にあった。

    AP通信が伝えるところによれば、アンドレアス・ルビッツ副操縦士の自宅で、墜落当日の日付の病気休暇に関する診断書が見つかったという。なお診断書は破られていた。ルビッツ副操縦士は、同僚たちに病気のことを隠そうとしていたと見られている。

    検察当局は、副操縦士の自宅では、遺書、また政治的あるいは宗教的動機を示すものは一切見つからなかったと発表した。

    独Bild紙の情報によると、副操縦士は精神疾患の治療を受けていた。約6年前にうつ病の治療を受けていたという。副操縦士は、治療のためにパイロットの訓練を中断せざるを得なくなった。

    伝えられたところによると、副操縦士の個人資料とパイロットライセンスには、医師による定期的な診断が必要であると記されていた。

    トピック
    A320機の墜落事故 (28)
    タグ
    事件, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント