23:09 2018年12月18日
エアバス墜落 2つ目のブラックボックスの情報は、副操縦士の故意の行動説を裏付けている

エアバス墜落 2つ目のブラックボックスの情報は、副操縦士の故意の行動説を裏付けている

© AP Photo / Yves Malenfer, Ministere de l'Interieur
災害・事故・事件
短縮 URL
A320機の墜落事故 (28)
0 12

フランスのアルペンに墜落したエアバスA320型機の2つ目のブラックボックスから得られた情報は、アンドレアス・ルビッツ副操縦士の故意の行動に関する説を裏付けている。テレビBFMTVが、フランス航空事故調査局(BEA)の専門家たちの調査結果を引用して伝えた。

BFMTVは専門家たちの調査結果として、「ブラックボックスの初期の調査は、操縦室にしたパイロットが、旅客機を高度100フィートまで降下させるために自動操縦装置を使用し、降下中に飛行速度を上げるために自動操縦装置の設定を数回変更したことを示した」と報じた。

飛行に関する技術的データを記録するフライトレコーダーは、墜落現場で2日に発見された。

トピック
A320機の墜落事故 (28)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント