10:33 2017年12月16日
東京+ 7°C
モスクワ+ 2°C
    チリ南部で火山噴火 最も高い危険度を維持

    チリ南部で火山噴火 最も高い危険度を維持

    © AP Photo/ Aton Chile
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 00

    22日、チリ南部のカルブコ火山が噴火した。火山の危険度は最も高いレベルを維持している。国家地質調査局が伝えた。

    火山から半径20キロ圏内が避難区域とされ、4000人以上が避難した。当局は、周辺地域に非常事態を宣言した。

    カルブコ火山はチリの首都サンティアゴから南に900キロのロス·ラゴス州にあるジャンキウェ国立自然保護 区に位置している。最近では1961年に噴火している。

    チリには2000以上の火山があり、最近450年間でうち60の火山が噴火している。

    関連:

    チリ、火山から溶岩が流れ出し、付近住民が避難
    メキシコの火山 高さ4000メートルの噴煙を吹き上げる
    シヴェルチ火山、5kmの噴煙上げる
    タグ
    火山
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント