20:58 2018年09月19日
ネパール地震、女性被災者、瓦礫の下で33時間の忍耐

ネパール地震、女性被災者、 瓦礫の下で33時間の忍耐

© AP Photo / Niranjan Shrestha
災害・事故・事件
短縮 URL
0 30

大地震の起きたネパールで、首都カトマンズーで瓦礫の下に33時間も閉じ込められていた女性が救助された。ネパールのカンチプル紙が報じた。

救助されたスニタ・シタウラさんは地震発生当時、5階建てのビルの内部にいたが、瓦礫が襲ってきたという。シタウラさんは「まるで別世界に迷い込んだかのようだった」と語っている。

シタウラさんは現在、地元の学校に一時避難している。避難所には、夫と2人の息子が母親の生還を待っていた。家族は揺れが始まったとき、急いで表に出たため、無事だった。

ネパールでは4月25日、マグニチュード7.9の大地震が発生。同国の首相は死者数が1万人を超す可能性も排除していない。瓦礫の除去作業は今もなお続けられている。

現地の救助救難作業にはロシア、日本からのレスキュー隊もあたっている。米国、イスラエル、英仏、スウェーデン、ポーランド、アラブ首長国連邦からもレスキュー隊派遣の用意が表明されている。

タグ
地震, 災害・ 謎・発見・スキャンダル, ネパール
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント