17:07 2018年06月25日
ロシア連邦消費者権利保護福利監督庁:米国の炭疽菌誤送付は、バイオセキュリティシステム全体に疑問を投げかける

ロシア連邦消費者権利保護福利監督庁:米国の炭疽菌誤送付は、バイオセキュリティシステム全体に疑問を投げかける

© AP Photo / Jens Meyer
災害・事故・事件
短縮 URL
0 62

米国で「炭疽菌のサンプルが誤って送付された」事件は、米国のバイオセキュリティシステム全体に疑問を投げかける。ロシア連邦消費者権利保護福利監督庁が28日、発表した。

米国防総省は、炭疽菌のサンプルを米国の9つの州の民間研究所と、韓国の米空軍基地に誤って送付したと発表した。

消費者権利保護福利監督庁は、「これより先、バイオセキュリティの基準違反と関連した出来事は、商業および民間の研究所でしか見られなかったが、最近、軍事施設で発生した。これは、米国のバイオセキュリティシステム全体に疑問を投げかける」と指摘した。

また消費者権利保護福利監督庁は、「加ええてこれは、高病原性の生物学的対象を扱っている米国の研究所で発生した、今年に入ってから5回目の事件だ」と強調した。

タグ
伝染病, ロシア, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント