18:56 2018年06月25日
チェルノブイリで5ヘクタールの泥炭が依然として発火

チェルノブイリで5ヘクタールの泥炭が依然として発火

© AP Photo / Andrew Kravchenko
災害・事故・事件
短縮 URL
0 73

火災が広がる「チェルノブイリ密林」一帯では燃え盛る5.2ヘクタールの泥炭の消火活動が続けられている。8日、ウクライナ非常事態庁が明らかにした。

「チェルノブイリ密林」では6月29日、乾燥した草と芦の発火が原因で、130ヘクタールにおよぶ火災に発展した。「チェルノブイリ密林」では乾燥した草地、芦の密集地帯、泥炭地帯と数箇所で火の手が上がっていたものの、現在は草、芦の火災は消し止められ、泥炭のみが数箇所で火の手をあげている。

7月8日現在、ウクライナ気象庁の予報よればキエフおよびキエフ州は35-37度の酷暑と乾燥に見舞われる。

「グリンピース」 チェルノブイリ周辺でのセシウム137飛散を危惧
© AP Photo / Andrew Kravchenko
「グリンピース」 チェルノブイリ周辺でのセシウム137飛散を危惧

関連:

チェルノブイリ原発立ち入り禁止ゾーンで火災
安倍首相、チェルノブイリ原発視察の構え
「グリンピース」 チェルノブイリ 周辺でのセシウム137飛散を危惧
チェルノブイリ原発の石棺建設に ロシアが資金を拠出
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント