12:42 2017年08月22日
東京+ 29°C
モスクワ+ 20°C
    セルフィー」をしようとしている女性

    ロシアのリペツク市で「セルフィー」をしようとした女性が採取場に落下

    © Flickr/ CiaoHo
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 52601

    ロシアのリペツク市に住む女性が、町の郊外にある採取場で「セルフィー(自分撮り)」をしようとした際に、転落した。リペツク市の民間防衛問題・非常事態局の広報部が、ロシアのマスコミに伝えた。

    広報部によると、「事故が起こったのは、21日夜。女性が恋人と一緒に採取場の端でセルフィーをしたとき、約40メートル転落した。長雨で土壌が流され、女性は足を踏み外して転落した。なお女性は、木にひっかかったため、下まで落ちずにすんだ。しかし、たくさんの外傷を受けた」という。

    女性の恋人が救助隊を呼び、救助隊は登山機器を使って女性を救出、女性は救急隊に引き渡された。

    関連:

    セルフィーよりも命を大切に。ロシア政府が注意を呼びかける
    危険なセルフィー
    モスクワ、女性が橋から落ちて死亡、セルフィーが原因か?
    インドでは「セルフィー」を使って女性差別と戦う
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント