10:11 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    石油

    米オクラホマ州 一週間で40回の地震 原油採掘が原因か?

    © Fotolia / Edelweiss
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 75

    米オクラホマ州で、7月末の一週間のあいだに、マグニチュード2,5およびそれ以上の地震が、約40回記録された。同州で、急激に地震発生件数が増えたのは、原油や天然ガスを採掘する際用いられる「水圧破砕法」というテクノロジーに関係しているのではないかと見られている。

    ここ数年、オクラホマでの地震発生件数は、基準の600倍になった。2013年には、マグニチュード3,0以上の地震が109回、昨年2014年には、その数が585回にも達した。しかし今年2015年前半だけで、オクラホマでは、すでにほぼ昨年一年分の数の地震が起きている。

    7月のこの一週間で、オクラホマでは40回の地震が起きた。特に7月27日には、マグニチュード4,0以上の地震が一度に5回も起きている。

    オクラホマのメリー・フェリーニ州知事は、地震数の増加と原油採掘技術との関連性を認めたが、原油採掘企業が今後、作業に変更を加えるのかどうかについては、定かではない。また「水圧破砕法」の適用凍結も、導入されていない。

    関連:

    アフガンでM6.0の地震、インドでも揺れ
    ソロモン諸島沖でマグニチュード6.9の地震
    キルギス非常事態省 M9の破壊的大地震発生の可能性を警告
    豪州沿岸で80年ぶりの大地震
    タグ
    地震, 石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント