06:49 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    ホンジュラスで妊娠中の少女が埋蔵後に目を覚ます

    ホンジュラスで妊娠中の少女が埋蔵後に目を覚ます

    © Flickr/ Teza Harinaivo Ramiandrisoa
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 01

    ホンジュラスで16歳のネイシ・ペレスさんが埋葬された翌日に棺おけの中で蘇った。

    ペレスさんはホンジュラス西部ラ・エントラーダの自宅近くで銃撃音を聞いた時に意識を失った。ペレスさんの両親が口から泡を吹いているペレスさんを発見し、悪霊に取り付かれていると考えて地元の司祭を呼んだ。厄払いが行われたが、ペレスさんは生きている兆候を見せなくなり、病院に搬送された。そして医師たちがペレスさんの死亡を確認した。

    ペレスさんは数ヶ月前に結婚したばかりで、妊娠3ヶ月だった。ペレスさんはウエディングドレスに身を包んでで埋葬された。ペレスさんが埋葬された翌日、夫のルディ・ゴンザレスさんが墓を訪れたところ、墓の中から叫び声と叩く音が聞こえた。夫はペレスさんを救出するために親族に助けを求めた。夫と親族が墓を壊して棺を開けたとき、ペレスさんは死んでいないことが分かった。ペレスさんが生きたまま埋葬されたことは、棺から出ようとしたペレスさんの腕に傷ができていたことが物語っている。親族によると、ペレスさんの体は温かかったという。しかしペレスさんは病院に搬送されたが、助からなかった。

    医師たちは、最初に意識を失った時のことについて、パニック発作によって一時的に心配停止状態になったのではないかとの見方を示している。また医師たちは、驚いたことによって情動脱力発作が起こり、筋緊張が失われた可能性があると考えている。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント