12:18 2019年07月16日
フレンチブルドック

犬を救うために旅客機が行き先変更

© Sputnik / Yevgeniya Novozhenina
災害・事故・事件
短縮 URL
0 100

イスラエルのテルアビブからカナダのトロントへ向かっていたエア・カナダの旅客機が、貨物室に預けられていた犬の命を救うために、行き先を変更した。Citynewsが報じた。

エア・カナダ機のパイロットは、7歳のフレンチブルドック「シンバ」が預けられていた貨物室の暖房システムに故障が発生したため、ドイツのフランクフルトへ行き先を変更した。フランクフルトの空港で、「シンバ」とその飼い主は、トロント行きの別の便に乗り換えた。「シンバ」の飼い主は、旅客機の乗員に感謝の意を表し、フランクフルトで乗り換えた後、「この犬は私の子供のようなものです。この犬は私にとって何よりも大切なものです」と語った。

航空専門家のフィル・ダービー氏は、行き先変更によって1万ドルの燃料費がかかり、75分の遅れが出たが、パイロットの判断は正しかったと指摘している。

タグ
動物, カナダ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント