15:01 2020年07月15日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

南米チリ沖で、マグニチュード6,2の地震があった。ドイツ地球調査センターが伝えた。

震源は、チリの首都サンティアゴに近い海辺の町バルパライソ沖の海底で、震源の深さは10キロ。

負傷者の有無などに関する情報は届いていない。なお津波の心配はない。

チリでは、17日にマグニチュード8,4の大地震があったばかりで、12人が犠牲となり、およそ100万人が避難した。

タグ
地震, チリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント