13:04 2018年11月19日
ローマ教皇

エジプトのA321機墜落に関してローマ法王が哀悼の意

© AP Photo /
災害・事故・事件
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
332

エジプトでロシアの旅客機が墜落した悲劇について、ローマ法王フランシスコが哀悼の意を表した。

日曜、法王は、ローマカトリック教会のピエトロ・パロリン枢機卿を通じてロシアのプーチン大統領に弔電を送った。

その中で法王はロシアおよびロシア国民に哀悼の意を捧げた。「すべての死者と、その遺族のために祈る」と法王。また法王は、ロシアおよび現在墜落現場で働くすべての人に対し「神が力と平安を贈りたまうことを」祈る、とした。

「コガルィムアヴィア」社のA321機は土曜、シャルム・エル・シェイクからサンクトペテルブルクへ向かう途中、シナイ半島に墜落した。乗員7名、乗客217名全員が死亡した。

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)

関連:

ロシア、エジプトの航空機事故で今日は喪に服す
エジプトのA321機墜落現場で児童の遺体が25体発見
エジプトの航空機事故、生存者はゼロ
エジプトのA321機墜落現場で遺体100体発見、うち5体が児童
メディア報道:レーダーから消失したロシア機の残骸、エジプトで発見
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント