01:34 2018年11月21日
エジプト民間航空相:ロシア機A321型機で爆発が起こった兆候は見つからなかった

エジプト民間航空相:ロシア機A321型機で爆発が起こった兆候は見つからなかった

© Sputnik / Maxim Grigoryev
災害・事故・事件
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
161

エジプトのカマル民間航空相は、シナイ半島で墜落したロシア機エアバス321型機について、調査担当者らは、機内で爆発が発生したことを物語る兆候を発見しなかったとの声明を表した。リア・ノーヴォスチ通信が報じた。

10月31日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていたロシアの航空会社「コガルィムアヴィア」社のエアバス321型機がエジプトで墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。これはロシアおよびソ連の航空史上最大の事故となった。

カマル民間航空相の声明の中では、「ロシアの旅客機の機内で爆発が起こったとする仮説は事実に基づいておらず、調査担当者らは、この説を裏付けるいかなる証拠もデータも持っていない」と述べられている。

10月31日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていたロシアの航空会社「コガルィムアヴィア」社のエアバス321型機がエジプトに墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。これはロシアおよびソ連の航空史上最大の事故となった

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)

関連:

ロシア機墜落 エジプト大統領はテロ説を否定
ロシア大統領報道官:エジプト航空機事故の原因、どの説も排除できない
エジプトに墜落したロシア機、以前に尾部が損傷していた
エジプトのA321機墜落に関してローマ法王が哀悼の意
タグ
事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント