23:44 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
    オランド大統領

    オランド大統領:パリのテロの背後にISあり

    © AP Photo/ Philippe Wojazer
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    パリのテロ 2015年11月13日 (50)
    81567410

    フランスのオランド大統領は、パリのテロの背後には「イスラム国(IS)」がある、と述べた。

    また大統領は、パリのテロを受け、フランスは3日間国を挙げて喪に服する、と発表した。

    パリでは13日金曜夜、機関銃と爆発物による連続テロ事件が発生。ロック・コンサートを楽しむため1500人の聴衆が集まっていたバタクラン劇場ではテロリストらは人質を取って立てこもり、突入作戦の結果、およそ100人が犠牲となった。

    パリで行われたテロで、120人から150人が死亡、200人が負傷した。未確認情報だが、テロ組織「イスラム国(IS)」(ロシアでは活動を禁止されている組織)が犯行声明を出している。

    オランド大統領は仏全土に非常事態を宣言し、すべての国境を封鎖した。

    トピック
    パリのテロ 2015年11月13日 (50)

    関連:

    パリ連続テロ事件、死傷者あわせて250人に
    習国家主席、仏と対テロ闘争に協力の構え
    ロシア議会上院、パリのテロに対するロシアのあり得べきリアクションを議論
    米国議会、警備が厳重化、脅迫は無し
    パリのテロ、今後どうなる:Stratfor予測
    パリ捜査筋、殲滅されたテロ犯は8人
    プーチン大統領、仏テロに深い哀悼の意
    パリでテロ、死傷者は200人以上
    パリで銃撃戦と爆発、60人が死亡、フランスが非常事態宣言
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント