13:24 2018年11月16日
フランス警察

パリ連続テロ事件 警察が6人を拘束

© REUTERS / Charles Platiau
災害・事故・事件
短縮 URL
0 05

フランスの警察は、首都パリで起こった連続テロ事件の調査の一環で6人を拘束した。連続テロ事件では約130人が犠牲となった。フランスのテレビ「BFMTV」が、パリ検察の関係者の話として報じた。

警察による抜き打ち検査で「『バタクラン』劇場を襲撃した自爆テロ容疑者1人の家族6人が拘束された」という。伝えられたところによると、その中には、容疑者の父親と兄弟1人が含まれている。

13日金曜、パリでは連続テロ事件が発生。10区にあるレストランで不審者がいきなり発砲し、サッカーの独仏戦が行われ、オランド仏大統領も観戦していた「スタド・デ・フランス」スタジアムのすぐそばで3度の爆発が発生したほか、11区のバタクラン劇場のコンサート会場ではテロリストらが人質を取って立てこもった。

パリのテロでは129人が死亡、252人が負傷となっていた。99人が危篤とのことだった。

一連のテロについて「イスラム国(IS)」(ロシアでは活動を禁止されている)が犯行声明を出している。

関連:

プーチン大統領:テロの脅威に立ち向かうには力を結集するしかない
東京タワー フランス国旗の3色にライトアップ
フランス同時襲撃事件 3人のテロリストの名前が公表される
パリ市民、テロの負傷者のために列をなして献血
パリ自爆犯の一人からエジプト旅券見つかる
パリのテロによる負傷者、300人に達する
TV報道、パリ連続テロ犯人一人の身元が判明
タグ
テロ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント