05:58 2019年12月15日
死亡と思われていた行方不明の女性、10年もカフェでゲームに熱中

死亡と思われていた行方不明の女性、10年もカフェでゲームに熱中

© Fotolia / Feng Yu
災害・事故・事件
短縮 URL
0 45
でフォローする

中国で10年もの間行方不明の状態ですっかり死亡したと思われていた女性がインターネットカフェにいるところを警察に補導された。なんとこの女性、コンピューターゲームの前に座り続けていた。

デイリー・メールが報じたところによれば、このたび発見されたシャオ・ユンさんは14歳のとき、両親と口論し、浙江省の自宅を飛び出して以来、行方が分からなくなっていた。

11月20日、警察がインターネットカフェに取り調べに入った際、シャオさんは身分証の提示を要求され、偽造の証書を差し出したため、警察に保護された。取調べでシャオさんは10年前に親元を飛び出して以来、カフェに住み着いていた事実を自白。

シャオさんはこの間、無料のマルチプレイオンラインシューティングゲーム「クロスファイアー」に数日間立て続けではまり込み、カフェや公衆浴場をねぐらに転々としながら、レジうちなどのアルバイトで糊口をしのいでいたが、ほとんどはカフェのオーナーたちの援助にたよっていたという。

警察はシャオさんに1000元(およそ156ドル)の罰金を科し、本人の必死の抵抗にもかかわらず、両親と連絡を取った。

タグ
インターネット, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント