02:27 2019年09月17日
A321

露保安庁 エジプトのロシア機墜落事件に関与した組織を推定

© Sputnik / Maxim Grigoryev
災害・事故・事件
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
0 190
でフォローする

エジプトのシナイ半島で墜落したロシア機A321型機の事件に関与している可能性のある組織が推定された。ロシア連邦保安庁のボルトニコフ長官が24日、発表した。

10月31日、ロシアおよびソ連の航空史上最大の事件が起こった。エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていたロシアの航空会社「コガルィムアヴィア」のエアバスA321型機がシナイ半島で墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。犠牲者の大多数はロシア人だった。ボルトニコフ長官は、テロだったと発表した。

長官は、「作業は続けられている。まだ何か具体的なことを皆さんにお伝えすることはできない。この事件に関与した可能性を持つ組織のおおよその属性がある。(行わなければならない)作業は、たくさんある」と語った。

ボルトニコフ長官は、それは事件に関与した人物をまだ特定できていないということか?との質問に対し、「そうだ、まだだ(まだ特定できていない)」と答えた。

 

 

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)

関連:

プーチン大統領:A321墜落に関する捜査、間もなく終了
エジプト専門家「A321型機爆破説は確度90%」
ロシア、A321型機事故の諷刺画は死者への冒涜としてシャルリ・エブド誌を非難
非常事態省:A321墜落事故の遺体捜索、近日中に完了する
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント