20:11 2019年10月21日
トルコの首都中心部で大きな爆発トルコの首都中心部で大きな爆発

クルド人戦闘員 トルコ首都でのテロに犯行声明

© AP Photo / © AFP 2019 / Erol Ucem
1 / 2
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

クルド人グループ「クルディスタン自由のタカ」は、トルコの首都アンカラで起きた爆発テロ事件が自分達の犯行であると認めた。19日、ロイター通信が伝えた。このグループは、非合法組織クルド労働者党(PKK)と関係を持っている。

ロイター通信は、グループのサイトに掲載された次のような声明を引用した-「2月17日夕方アンカラで、自爆テロリストが、軍の車列を狙った攻撃を実行した。これを実行したのは、我らが不滅の『クルディスタン自由のタカ』大隊である。この行為は、トルコ南東部でなされている事への報復であった。」

トルコの首都アンカラで17日、軍の兵士を狙ったテロがあり、少なくとも28人が死亡、61人がけがをした。また翌18日、トルコ南東部でも軍の車列の近くで爆発があり、7人が亡くなっている。

関連:

クルド勢力、トルコに圧力を加えるよう国際社会に呼びかけ
トルコがシリア軍へ集中砲撃、ロシア国防省が非難声明
トルコとシリアの国境経由で夜の闇の中、テロリストがイドリブとアレッポに武器と増援部隊を送り込んでいる-ロシア国防省
ロシア政府、シリア和平の条件履行を監督することに同意
タグ
テロ, クルド, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント