06:30 2018年12月14日
イスタンブール中心部で自爆テロイスタンブール中心部で自爆テロ

イスタンブールでの自爆テロ 犠牲者5人に.

© AFP 2018 / Bulent Kilic © AP Photo / Emrah Gurel
1 / 2
災害・事故・事件
短縮 URL
4 0 0

トルコの主要都市イスタンブールで日中発生した爆発事件の結果、自爆テロ犯を含め5人が死亡、36人が負傷した。

AP通信が、イスタンブールのワスィプ・シャヒン市長の発言を引用して伝えたところでは「負傷者の中に、外国人12名が含まれている」。

市長によれば「自爆テロ犯は、イスタンブールで最も人気の高い繁華街の一つ、イスチクリャル通りにある行政府の建物のすぐ近くで、爆発装置を作動させた」。この通りは、いわゆる歩行者天国の通りで、多くの商店やレストラン、諸外国の在外公館が立ち並び、観光スポットにもなっている。

ドガン・ニュース(Dogan news)は「負傷者の中には、イスラエル人が含まれている。爆発の結果、子供2人もケガをした」と伝えた。

又複数のマスメディアが、イラン人が一人負傷したと報じている。

このところトルコでは、イラン人やテュルク系民族にとって伝統的な祝日である3月21日の「ナブルーズ」が近いことから、警戒態勢が強化されていた。

トルコでは、つい最近13日も首都アンカラでテロ事件が起き、37人が犠牲になったばかりだった。

 

 

 

関連:

トルコメディア、イスタンブールのテロ事件の詳報を禁じられる
タグ
テロ, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント