12:39 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    メディア、フライドバイ機パイロット墜落前の会話の詳細を手中に

    「心配するな、引け!」 メディア、フライドバイ機パイロット墜落前の会話の詳細を手中に

    © AFP 2017/
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    42068 0 0

    ロストフ・ナ・ドヌ空港で墜落したボーイング機の機長は、上昇中に自動操縦装置をオフにし、その後、同機は急速に高度を失い始め、墜落した。墜落数秒前の機内の会話を解析して判明した。「Vesti」が報じた。

    当時の状況は次のように再現される。

    「50上昇する」とパイロットは言う。ボーイング機は、通常モードで15度角で上昇。40秒間上昇が続いた。しかし所定の高さに到達する前に、機長が自動操縦を切断し、その後ボーイング機は落下しだした。

    コックピットに響いた最後の言葉は次の通りだった。「心配するな、引け!」

    旅客ボーイング737-800型機は3月19日、ドバイを発ち、ロストフ・ナ・ドヌに墜落した。視界不良の中で着陸を試み、滑走路の左側に落ちた。調査委員会は次の三つの可能性を考えている。技術的な不具合、厳しい気象条件、乗組員のミス。55人の乗客と7人の乗員は全員死亡した。

    タグ
    事故, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント