03:15 2018年07月19日
モンテネグロ警察 「オウム真理教」のロシア人55人日本人5人を拘束

モンテネグロ警察 「オウム真理教」のロシア人55人日本人5人を拘束

© Wikipedia/ 本人撮影
災害・事故・事件
短縮 URL
11338

26日モンテネグロ警察は、55人のロシア人と、彼らと一緒にいた日本人5人を拘束し、取り調べた。

現地警察によれば、拘束作戦は、保安庁との合同作業の枠内で行われた。モンテネグロ国内に、外国領内での「暴力行為」に以前関与した外国人グループがいるらしいとの非公式情報が、今回の拘束の理由となった。

現地の新聞「ヴィエスティ(Vijesti)」の報道では、モンテネグロの2つのホテルで拘束された日本人とロシア人全員は、日本の宗教団体で、ロシア国内では活動が禁止されている「オウム真理教」のメンバーだった。彼らを拘束するため、警察の特務部隊が投入された。隊員らは、セクトのメンバーが滞在していたホテルを急襲した。

新聞によれば「オウム真理教」のメンバーがモンテネグロ領内にいるとの情報は、外国の特務機関から、もたらされたものだとの事だ。

関連:

オウム真理教の元指導者の1人に無罪判決
オウム最後の逃亡犯に 無期懲役の判決
安倍首相:「20年以上が経過したが、事件を決して風化させてはならない」
タグ
宗教, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント