20:22 2020年02月23日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 34
でフォローする

スペインの原子力安全機関が放射性物質を収容したケースが盗まれたと発表。国民に協力を仰いでいる。

スペイン紙ラ・バングアルディアが伝えたところによると、盗まれた機器にはレベル4の放射線源が収まられていた。放射性物質はカプセル内に密閉されているが、もしこれが開いてしまった場合には大惨事となりえる。

ケース内には土壌の密度と湿度を測定する機器が収められていた。その機器の中に低レベル放射線の放射性物質、セシウム137、及びアメリシウムー241とベリリウムの混合物が含まれている。

ケースはスペイン・セビリアで駐車中の車から盗まれた。機器はスペイン・マラガの建築資材研究・建設管理センターの所有となっている。

 

 

タグ
スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント