03:52 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    アザラシ

    サハリン 赤ちゃんアザラシ「セルフィー」によるストレスで死ぬ

    © Sputnik/ Iliya Pitalev
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    163117

    サハリンの海岸で、アザラシの子供達が、地元住民の「セルフィー」によるストレスに耐えきれず死んでしまった。余りに可愛いので、地元の住民が数多くつめかけ、アザラシの子供と一緒に写真を撮ったりしたことが、大きなストレスになったらしい。地元の自然保護基金「グリーン・サハリン」の代表アレクサンドル・イワノフ氏が伝えた。

    イワノフ氏は、次のように述べている-

    「地元の人達が、海岸でワモンアザラシの赤ちゃんを見つけ、いわゆる『セルフィー』の対象にした。しかし母親以外の生き物との接触に慣れておらず、静かな生活が必要な赤ちゃんアザラシ達は、強いストレスを感じ、それに耐えきれずに死んでしまった。」

    人間の不用意な振る舞いが原因で動物の赤ちゃんが死亡した例は、ここ数年で2件目となった。

     

     

    関連:

    検問所をバックに「セルフィー」:ウクライナの国境警備員がロシア人に向かって発砲
    ロシアのリペツク市で「セルフィー」をしようとした女性が採取場に落下
    インドでは「セルフィー」を使って女性差別と戦う
    タグ
    動物, 事故, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント