07:22 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    羽田空港

    東京・羽田空港 大韓航空機 エンジン出火

    © 写真: David McKelvey
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 05

    聯合通信によれば、金曜日、日本時間で午後0時40分ごろ、東京・羽田空港のC滑走路で、離陸のため地上滑走中だったソウル・金浦行き大韓航空2708便(ボーイング777―300型機)の左エンジンから出火した。

    その結果、左翼が燃えた。同機に乗っていた乗客303人、乗員17人,計320人全員は、全員脱出用のシューターで無事避難した。その際、7人が軽いケガをした。

    空港の消防当局は、現場で迅速に火事を消し止めた。

    金曜日、東京・羽田空港の離陸用滑走路で起きた大韓航空ボーイング777型機エンジン出火事故により、少なくとも292便が欠航を余儀なくされた。NHKテレビが伝えた。

    滑走路の大部分は再び使えるようになったものの、事故による便の変更のため、5万人以上の乗客が空港内に待機するなど影響を受けている。

    現時点までに警察が入手したところでは、今回の事故がテロとつながるような情報は見つかっていない。

    タグ
    事故, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント