07:30 2017年06月26日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    ミュンヘン銃撃犯、イラン出身の18歳だった

    ミュンヘン銃撃犯は18歳のイラン系ドイツ人

    © AFP 2017/ JOHN MACDOUGALL
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    395918

    ミュンヘンのショッピングセンター「オリンピア」で発砲した男はイラン出身の18歳のドイツ市民であることが判明した。動機は不明瞭であるという。記者会見でミュンヘン警察のフーバートゥス・アンドレ長官が述べた。

    容疑者は警察の注意に入っていなかった。犯罪ではピストルが使用されたという。

    犯人の遺体は「オリンピア」内に発見されているという。

    「自殺者の遺体を見つけた。発砲者はこの人物のみと見られる」とミュンヘン警察公式ツイッター。

    同事件では死亡者数が10人まで増えた。10人目は負傷がもとでのちに死亡。 21人が市内の病院に運ばれた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント