04:27 2019年04月20日
Delta Airlines

世界最大手の航空会社、全便停止

© AP Photo/ Carlos Osorio
災害・事故・事件
短縮 URL
151

世界最大の米航空会社デルタ航空は全便の運行を取りやめた。原因はコンピューターシステムの異常だ。デルタ航空がツイッターで伝えた。

コンピューターの不具合のため乗客は飛行機にチェックインすることができない。現在専門家がシステム異常を直している。

ブレーキングニュースのサイトでロンドンのヒースロー空港、ロサンゼルス空港、米ワシントン州のシアトル・タコマ空港、ローマのサン・フランシスコとイタリアのフィウミチーノの空港でのデルタ航空の便の遅れが報じられている。

デルタ航空は96カ国460カ国以上で飛行している。同社は機体のサイズ、旅客輸送の数、運行する空港数といった3つの基準で最大手の航空会社だ。5月、同社は15年12月に停止されていたロシア行き便を再開した。

先に伝えられたところによると、台湾桃園国際空港で6日、空港職員の職務怠慢により、1000羽以上のオウムが死んだ

関連:

パイロットが操縦室に侵入した酔っ払いの乗客を抑え込む
ボーイング、747の生産を停止
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント