12:52 2018年06月18日
災害・事故・事件

インドネシア沖でM5,8地震発生

災害・事故・事件
短縮 URL
0 04

インドネシア沖で、マグニチュード5,8の地震が発生。米国地質調査所が発表した。

地震があったのは、協定世界時(UTC)で13時48分(日本時間で22時48分)。震源地は、スンガイペヌから西に176キロ、震源の深さは17.1キロだった。

人的物的被害についての情報は届いていない。また津波警報も発令されていない。

インドネシアは、地震活動が最も活発なゾーンに位置し、所謂「環太平洋火山帯(強力なテクトニック断層)」の一部をなしている。この火山帯に属する場所には、最も活動的な構造プレートが通っており、ある場所では一年間に7センチのスピードでプレートが移動している。なお毎年ここでは、マグニチュード4,0以上の地震が6千から7千回も記録されている。

地震の関連ニュースはここちら

関連:

バングラディシュでも少なくとも20人の負傷者、 カルカッタでは揺れが続く
イタリア中心部でM4.9の新たな地震 犠牲者は159人に
タグ
地震, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント