04:31 2018年07月16日
Boeing 787-8 Dreamliner

全日空機、エンジン支障で成田に引き返す

© Flickr/ Tim Wang
災害・事故・事件
短縮 URL
130

全日空のボーイング787型機が成田空港から離陸後1時間たらずで左エンジンに支障が原因で成田へと引き返した。共同通信が報じた。

同機829便はインドのムンバイを目指して成田空港を飛び立ったが、飛行中に左エンジンが異常振動を起こしたため、成田へと引き返した。国土交通省の発表では乗員乗客68人は全員無事。

共同通信によれば、問題を起こしたエンジンはロールスロイス社製。最近、このエンジンを搭載したANA機には同種の問題が多発している。専門家らの鑑定でモーター内部の部品が壊れ、こうした問題が起きる事が突き止められている。全日空は同型の50機すべての予防点検に取り組むことを明らかにした。

先に伝えられたところによると、エールフランス航空は、ネズミが原因で離陸が2日遅れた

関連:

飛行機にとっての新たな危険性挙げる
英国、飛行機の着陸時に「アッラー・アクバル」「ブーム」と叫んだ男が裁判に
タグ
事件, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント