01:56 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 13°C
    Mazda 工場

    マツダ 全世界の230万台の自動車をリコール

    © AP Photo/ Shizuo Kambayashi
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    1184340

    日本の自動車メーカーマツダが全世界から230万台の自動車をリコールすると発表した。ロイターが報じた。

    マツダはトランクライナーの不具合を改善するため、CX-3、デミオ、アクセラを含む車39万台ほどを日本でリコールすると決定した。この不具合により車後部が塩にさらされることでさびや腐食を引き起こす可能性がある。

    さらに、マツダは同様の理由で海外市場にある180万台の車をリコールする。また、日本市場で販売されたCX-3とアクセラ11万台ほどを、ディーゼルエンジン制御コンピュータに不具合があるためリコールすると発表した。

    先に伝えられたところによると、東方経済フォーラム参加者の移動は「マツダ」となる

    関連:

    マツダ ハンドル付近から出火の恐れ ほぼ100万台リコール
    青山裕大氏:マツダはロシア市場から撤退しない
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント