02:26 2017年08月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 29°C
    First stage of Falcon 9 rocket

    SpaceX社、フロリダでの爆発でファルコン9ロケットと貨物を失う、損額2億ドル

    © Flickr/ SpaceX Photos
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    0 677111

    ケープカナベラル発射場からの土曜の打ち上げを前に、ロケット「ファルコン9」のプレフライトテストが行われ、総額2億ドルの打ち上げロケットと商業貨物が失われた。

    ロケットは木曜、ケープカナベラルにあるSpaceX社の発射場で爆発した。結果、中東、ヨーロッパ、アフリカへのテレビやインターネット信号の伝送用の人工衛星アモス6号が失われた。約一年前、ソーシャルネットFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグ氏は、アモス6はアフリカの赤道付近など遠隔地における人々のインターネットへのアクセスを保障することなどに使われる、と発表した。

    イスラエル宇宙局長イツハク・ベン・イスラエル氏は、アモス6の後継衛星の建設には最大3年がかかるだろうと述べた。

    ISSへのファルコン9ロケットの次の貨物便は11月11日に行われる予定だが、爆発が貨物供給日程の順守に疑義を付した。

    しかし、ツィオルコフスキー記念ロシア宇宙飛行学アカデミーのアレクサンドル・ジェレズニャコフ氏は、ISSで物品が欠乏することはない、と述べた。

    先に伝えられたところによると、ファルコン9ロケットの第一段階着陸ビデオが公開された

    関連:

    打ち上げロケット「ファルコン9」5度目のトライでスタート (動画)
    ロケットの宇宙飛行をGoProで撮影
    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント