07:18 2020年02月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 17
でフォローする

中国黒龍江省鶏西市であるカップルの離婚手続きが恐ろしい結末を迎えた。男性のほうが腹いせに自爆し、即死した。スプートニクが報じた。

ペキン・ニュース紙の報道によれば、夫婦は離婚手続きを行なっていたが、その最中に意見の相違が過熱。地元の裁判所に向かう際、夫のヴァン氏はあらかじめ小型の手製爆弾を携帯し、妻が裁判所の建物から出た瞬間を狙って、爆弾を作動させた。この結果、ヴァン氏は即死。ヴァン氏の妻と通行人1人も軽い怪我を負った。この怪我による生命の危険はない。

事件の詳細は現在捜査中。

先に伝えられたところによると、英ケンジントン宮殿の前で、男性が焼身自殺した

関連:

ギリシャ旅行中の英国人女性 カクテル飲んで失明
米国でイチゴのスムージーが原因で50人以上がA型肝炎に感染
タグ
事件, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント