09:47 2020年10月22日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 12
でフォローする

カムチャッカ半島では現地時間で7日朝、クリュチェフスキー火山で火山活動が活発化し、火山灰が2度、航空機の飛行高度まで噴き上げられた。噴煙柱は高度8キロ、11キロにまで達している。

火山灰は東方向に広がっている。現在、灰の拡散空域の高度は確認中。噴煙は静まっていない。クリュチェフスキー火山の警戒レベルは最高の「赤」。ただし火山周辺の居住区までには灰は達していない。

先に伝えられたところによると、東京近郊で地震が発生した。

関連:

カムチャツカでクリュチェフスコイ火山が噴火、火山灰の高さは6キロに
カムチャツカのジュパノフスキ―火山 海抜4000メートルの高さまで噴煙を吹き上げる
タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント