07:01 2020年05月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
143
でフォローする

インド洋に浮かぶレユニオン島にあるピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ火山が噴火した。この1年で2回目の噴火。11日、現地の情報ポータルサイトLinfoが伝えた。

噴火が始まったのは現地時間で11日8時41分(モスクワ時間で7時41分)。

 

#pitondelafournaise #lareunion Eruption du 11 septembre vue du ciel. Hallucinant;)

Фото опубликовано l (@lydie.7) Сен 11 2016 в 1:50 PDT

ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ火山観測所によると、噴火が起こっているのは島南東部の人が住んでいない地域で、人々に危険はないという。

先に伝えられたところによると、学者が潜在的に危険な超火山をロシアで発見した。

関連:

カムチャッカ旅行の韓国高齢者、火山のふもとで奇跡的に救助
クリュチェフスキー火山が活発化、2度の高い噴煙柱
タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント