21:08 2017年11月21日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    桜島、近未来に大噴火の予測、25年後に迫る危機

    桜島、近未来に大噴火の予測、25年後に迫る危機

    © Flickr/ Kimon Berlin
    災害・事故・事件
    短縮 URL
    5107951513

    日米の地球物理学者らが桜島が近く噴火するとの予測を発表。日本最大級の火山に数えられる桜島が噴火した場合、多くの鹿児島市民が危機にさらされる。サイエンティフィックレポーツ誌がこうした調査結果を掲載した。

    クリュチェフスキー火山
    © Sputnik/ Ewgeniy Neskoromniy
    桜島の火口は過去数回の噴火の結果、出来上がったもの。研究者らがこの火口の状態を分析したところ、火口の下にはマグマが蓄積されており、その量は定期的に増えていることがわかった。

    コンピューターシュミレーションによるマグマ流の観察で、毎年火口からは火山表面に1400万立方メートル近いマグマが噴出している事が分かった。

    近い将来にも桜島が噴火する可能性が高いとされたのは、火口から噴出するマグマの量が定期的に起きる小規模の噴火によるものを超えているため。マグマの蓄積量の増加速度から見て、噴火はおよそ25年後に起きると推測されている。

    世界では複数の火山の活動が活発化している。つい2日前にも世界で最も活発な活動が認められるインド洋の火山の再噴火が報じられたばかり。

    関連:

    ロシアの科学者、地球の核の移動を記録
    タグ
    火山, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント